So-net無料ブログ作成
検索選択

岩手遠征2010(最終日) [鳥]

最終日。

朝5時にクボタさんを後にして目的の川に。

川に降りて釣り始める。

一時間経過、二時間経過、三時間経過、四時間経過、五時間経過・・・。

まったく反応なし。
脱渓して下流部へ。

こちらは反応はするものの食わず。
やっと銜えたのにあわせ切れ。
集中力が途絶えたので、岩手釣行を終了。

まだ13時半。

ここから野鳥撮影に入りました。
いろいろ回りましたがこの暑さでは鳥も出てきません。

諦め気味で初日サシバを見たところへ。

途中の道路標識に何かが止っていました。

トビかなと通り過ぎるときに再度確認するとオオタカの若鳥。

あわてて車を橋に寄せ、撮影。

反対側から撮りたかったので戻ると、鳩を襲い始めました。

結局失敗してそのまま蕎麦畑の畦に降りました。

40分くらい遊んでくれて、その後林に帰っていきました。

時間も15時過ぎたのでここで撤収。

岩手を後にしました。

最終日の渓流

100810D200_DSC0072.jpg


撮影機材
カメラNikon D200
レンズ:Nikon AF NIKKOR 28mm F2.8D

撮影データ
感度:ISO400 
露出:絞り優先
測光:マルチパターン測光
RAW撮影
絞り:22
露出補正:0(RAW現像時:‐0.7)

オオタカ(若鳥) 8月10日

100810_DSC0115.jpg


100810_DSC0158.jpg


100810_DSC0168.jpg


100810_DSC0208.jpg


100810_DSC0236.jpg


100810_DSC0247.jpg


100810_DSC0261.jpg


100810_DSC0282.jpg


100810_DSC0287.jpg


100810_DSC0291.jpg


100810_DSC0297.jpg


撮影機材
カメラ:Nikon D300
レンズ:Nikon NIKKOR ED AF-I 400mm F2.8D
テレコン:Nikon TC-17EⅡ 1.7X
      Nikon TC-20EⅡ 2.0X

撮影データ
感度:ISO400 
露出:絞り優先 
測光:マルチパターン測光
RAW撮影
絞り:4.8~8 
露出補正:-1.0(RAW現像時:0~‐0.7)
トリミング有り

岩手遠征2010(2日目) [フライフィッシング]

朝6時、気持ちよく起床。

さすがに関東と違い、夜は気温が下がってくれるのでぐっすりと寝れました。

クボタさんを出て釣り場に向かいます。

今日は熊が非常に多いところ。
ちょっと遅めの出発にしました。

途中林道の暗いところで小さな鳥が跳ねています。
寄ってみるとコルリでした。

カメラを準備するまもなく藪の中へ。

木の上にはキビタキ、オオルリといます。

こういうときは出てきてくれるんですね。
カメラ構えて待っていると出て来ないのですが・・・。

駐車場所に到着。

準備をして、熊鈴をがんがん鳴らしながら入渓点へ。

藪漕ぎして川に出ます。

対岸まで渡り、砂を見ますが足跡はありません。
とりあえず、今朝は熊は来ていない様子。

変わりに真新しい先行者の足跡が。

ここまで来たので釣り上がります。
はじめの30分反応なし。

やっと反応したのが1時間ぐらいたってから。
しかもフライを追って戻る、これを5回繰り返して
以後、反応なし。

次のポイントも同じ状況。

これは先行者の影響かなと思いながら少し休憩。
朝食を摂りながら次の手を考えます。

20分くらい休憩後、釣り再開。

しかし、反応はまったく同じ。

さらに1時間釣り上り、やっと出てくれました。
ちょっと金色じみた綺麗な22cmのエゾイワナ。

サイズの割には引いてくれました。

次のポイントで15cmくらいのを1匹追加。

さらに釣り上るもまったく反応なし。

時計を見ると10時半。

これ以上上ってもだめと思い入渓点まで戻ります。

脱渓して、堰堤を見ます。

結構魚影が確認できるのでフライを流してみると
ものすごい勢いでフライに出ますがフライをかわす。

何回流しても同じ状態。

完全にフライを見切られています。

フライを見て寄ってきて、反転、空食いが当たり前。
CDCダンで18cmクラスを何とか3本取れましたが、
ここまで擦れているとどうしようもありません。

天候も崩れだしたので脱渓。

車に戻り着替えていると昨日のように降り始めました。

昼食を食べて次はどこに行こうか考え
毎回行く、川へ行くことに。

移動するとこちらも先行者有り。

時間も時間なのでイブニングポイントへ向かうことにしました。

途中給油。こちらより安い。

今日は昨日のポイントの下流側に向かいます。

ポイントに到着。

ライズが始まるまで腰をかけて水面観察。

ハヤのライズは始まるものの本命はまったく始まりません。

途中、翡翠が2羽遊びに来てくれて盛んにダイブを繰り返していました。

この翡翠いきなり私の2m先の岩に止まり目の前でダイブ。
無事、獲物をキャッチ。岩の上で食べて飛び去りました。

で、結局何も起らないまま19時。

諦めてクボタさんに戻り、温泉を楽しみました。

エゾイワナ 22cm 8月9日

100809_DSC0022.jpg


100809_DSC0034.jpg


100809_DSC0040.jpg


100809_DSC0048.jpg


100809_DSC0063.jpg


撮影機材
カメラ:Nikon D200
レンズ:Nikon AF NIKKOR 28mm F2.8D

撮影データ
感度:ISO400 
露出:絞り優先
測光:マルチパターン測光
RAW撮影
絞り:2.8~16
露出補正:-0.7~0(RAW現像時:‐1.0~‐0.3)
一部トリミング有り

岩手遠征2010(初日) [フライフィッシング]

久々に岩手に行って来ました。

今年は夏休みを前半組みでとったので7日~15日までの9連休です(笑)

関東の暑さもかなり厳しく単純に北に逃げたわけですが・・・・、結局昼は似たり寄ったりです。
夜は気温が下がってくれたのでぐっすり快眠できました。

そんなわけで2年ぶりの夏休み岩手遠征へ7日の21時に千葉から出かけました。
行きは安達太良SA・国見SAで休憩、岩手山SAに予定より早く着いたので(8時間で行くのが
7時間・・・)2時間仮眠し、毎回はじめに見る川へ。

既に一人フライマンがいましたが丁度上がってきたところでした。
日曜ということも有り、人が入っていて当然なんですが、
この川で初めて釣り人に会いました。

準備をして下流に行きました。GENさんからの事前情報通り、川が改修されていて
川通しができるようになったいました。

釣り上がるけど反応なし。フライマンがいたから仕方がないのですが、
走る魚もいません。そうこうしているうちに思い出の堰堤に。
今年はまだいませんでした、40UP。

堰堤を越え、上の流れを釣ります。

ここは以前改修され、魚がいる気配もなかったチャラ瀬だったのですが、月日がたち
いい感じに川底が掘られ深いところは足が着かないほどの深さになっていました。

2つ目のプールで対岸のブロックスレスレを流すと反応が。
イワナぽっい吸い込むような出方だったので1服して再度流すと
今度は綺麗に吸い込んでくれました。
グングン川底へ走る魚を見て、竿に伝わる感覚を感じ、ついついにやけてしまいます。

無事キャッチしたのは24cmのエゾイワナでした。

その後はまったく反応なし。

川を変えます。

今度の川は岩手にはじめてきたとき、たけださんにはじめに連れてきてもらった川。

もう昼ということもありかなり日差しが強くきびしい展開ですが
かまわず入渓。

こちらもまったく魚っ気なし。

あまりの暑さに途中で川の水の中に座ってクールダウンしたりして釣り上ります。

1時間くらい釣り上がりやっと反応が。

木っ端ヤマメが立て続けに遊んでくれます。

さらに30分くらい釣り上がったところでコッパがフライに反応。
あわせずさらに流すとデカイ魚影が銜えてくれました。

この川で久々の24cmのヤマメでした。

さらに釣り上がると滑床流れになり期待しますが、反応なし。

走る魚も見かけず、さらに釣り上がります。

途中でゴロゴロとやな音が・・・。

風向きが変わり空は暗くなり始めました。
車からかなりきていたのでここで戻ることに。

戻る途中田んぼの電柱に何を思ったのかサシバが舞い降り、こちらを見ています。
さらに進むと飛び去りました。
もしかするとよこの森に巣があったのかも。

車につき着替えていると降り始めました。

止む気配がないので15時過ぎたのでイブニングポイントへ向かうことに。

街中に戻ると雨の気配なし。

イブニングの本流へ向かうと上流に餌師が入っていました。

イブニングポイントで待つこと2時間。やっとハヤとは違うライズが始まりました。
これが移動しまくりで的を絞れません。
さらに流すフライをすべて無視。

そんな中、やっと流れ込みでスプラッシュが上がり、そこへ#14のアント・パラシュートを流すと
食ってくれました。

深さがあるポイントなので首を振りながら川底へ潜る魚体を見て、竿に伝わる感触を楽しみました。
無事キャッチして計ると28cmのヤマメでした。

初めてこのイブニングポイントでヤマメをキャッチできました。
時間は18時半。誰もいなくなった川原で久々に雄たけび上げてしまいました(笑)。

真っ暗になると車に戻るのが辛いのでまだ何とか明るさがあるうちに釣れてよかった。

車に戻り、着替えて今日の宿のクボタさんに向かいます。

温泉で疲れをとりおいしい夕食を食べて明日に備え22時に床へつきました。

蝦夷岩魚 24cm 8月8日

100808_DSC9699.jpg


100808_DSC9705.jpg


山女魚 24cm 8月8日

100808_DSC9769.jpg


100808_DSC9774.jpg


100808_DSC9791.jpg


山女魚 28cm 8月8日

100808_DSC9847.jpg


100808_DSC9859.jpg


100808_DSC9907.jpg


撮影機材
カメラNikon D200
レンズ:Nikon AF NIKKOR 28mm F2.8D

撮影データ
感度:ISO400 
露出:絞り優先
測光:マルチパターン測光
RAW撮影
絞り:2.8~16
露出補正:-0.7~0(RAW現像時:‐1.0~‐0.3)
一部トリミング有り

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。