So-net無料ブログ作成
検索選択
フライ ブログトップ

ビーズヘッド・フェザントテール・ニンフ [フライ]

このフライを大型のヤマメ、アマゴなどを確認できてドライに反応しないときに
使うことが多くなった。
昨年も35cm、32cm、31cm、30cmと4本の尺アマゴにあわせてくれた。
どうしても管理釣り場ようのフライというイメージが強いが
自然の釣り場でもよく反応させてくれるフライです。

今年も先週30cmのヤマメに諦めかけていた頃にあわせてくれました。

カメラ:Nikon D100
レンズ:Nikon AF NIKKOR 28-105mm F3.5-4.5D


CDCダン [フライ]

久々にCDCダンを巻きました。
春と同様秋もメイフライパターンが活躍するので
弾不足もあり少々足しました。

Nikon D100
Nikon AF NIKKOR 28-105mm F3.5-4.5D

#15~#19まで23本。しかもそれにプレコートまでしました。

Nikon D100
Nikon AF NIKKOR 28-105mm F3.5-4.5D

個人的にはライズを繰り返している魚にはサイズさえ合えば銜えてくれると
思っています。
今年も春先からかなり活躍してくれました。おかげでかなりあった弾数も減っていたので
丁度良い機会なのでとりあえず#19まで。
実際#21もこれからのメイフライのサイズでは必要になるので巻き足していかなければ
なりません。


ライツ・ロイヤル [フライ]

今回の岩手釣行、前回の岩手釣行と活躍してくれたフライ、ライツ・ロイヤルです。

Nikon Coolpix5200

このフライの私の使用ですが
フック    TMC 200R #10
ボディー   ピィーコック・ハール、レッド・フロス
ウィング CDCナチュラル(アンダーウィング)、エアロスルー・オレンジ(オーバーウィング)
ハックル  グリズリー・ダイドブラウン

エルクヘアーカディスより反応がよかったです。
川原にはバッタも結構いたのでよかったのかも。

ちなみに#15のブラウンパラシュートを流して反応しなかったところを
再度ライツ・ロイヤルを流すと反応しました。
タイミングなんでしょうが・・・・・・。


パイロットフライ [フライ]

私のパイロットフライです。
渓流に行ってはじめに付けるフライは
エルクヘアーカディス。
一部の特殊な川(日光湯川とか)は通常CDCダンやパラシュート・アントを
パイロットフライとして使いますが
他の川ではたいてい春先からエルクヘアーカディスで行っちゃいます。

Nikon Coolpix5200


夏のフライ [フライ]

毎年某所で使うフライです。
このフライのサイズはナイショですが
これに襲いかかるトラウトたちは何だと思っているのでしょうか?
オタマジャクシ、甲虫類・・・・・・。
このフライが水面を流れているときに
潜水艦のように浮き上がり三角形の頭が押さえ込んだり
垂直に食ってそのまま沈んだりと出方もまちまちです。
垂直の場合大抵すっぽ抜けますが(泣)

NIkon Coolpix5200


フライ ブログトップ